SDKの利用

すべてのチャネルで一貫したコミュニケーションを
SDKの利用により、アプリ上でのパーソナライズが可能になります

SDK_img01.png

SDKを利用することで、Rtoaster action+を使ったポップアップや、コンテンツや商品の出し分けを、
アプリ上でも行うことができるようになります。

Webとアプリで一貫したレコメンドができるようになります

SDK_img02.png

ログイン機能があるアプリの場合、Webとアプリ両方の閲覧/購買データを基にしたレコメンドをアプリ上で行うことができます。

アプリでも常に最適な接客が可能になります

SDK_img03.png

アプリ上の行動データを基にパーソナライズした情報を、アプリ内にバナーやポップアップでレコメンドすることができます。

RtoasterSDKを利用するには

《アプリレコメンドに必要なこと》

  1. RtoasterSDKの取得
  2. アプリへのSDK実装
  3. Rtoaster action+管理画面設定

RtoasterSDKは仕様書をご確認のうえ実装を行ってください。
RtoasterSDKのドキュメント一式はこちらから取得できます。

RtoasterSDKプログラム本体の配布をご希望の場合には、
以下情報を明記のうえRtoasterサポートまでお問い合わせください。
SDKプログラム本体とSDK利用パスワードを発行のうえ、合わせてお送りいたします。

  • SDKを利用するトラッキングID(RTA-XXXX-XXXXXXXXXXXX)
  • SDKご利用予定OS(例:Android、iOS両方 等)