ワンタグの実装

Rtoaster action+の仕組み上必要な複数のタグを、一つのJavaScriptタグで管理できます。
ワンタグをWebページのHTMLに実装する際に本ページをご参照ください。

《関連記事》

HTMLに実装するタグについて

Onetag01.png

レコメンドまでの動作

実装したコードが読み込まれることで、Rtoaster action+との間で様々な処理が行われます。
Rtoaster action+がレコメンドを返すまでのシステム動作は以下のようなイメージです。

Onetag02.png

ワンタグ取得

管理画面のワンタグ設定の〔バージョン〕タブから、ワンタグを取得します。

▼ワンタグ サンプル

「RTA-XXXX-XXXXXXXXXXXX」の箇所は、お客様固有のトラッキングIDとなります。

ワンタグの実装

サイト内の全ページに実装することを推奨しています。
Webページのヘッダ部分(<head></head>で閉じられる部分)に実装することを推奨しています。
トラッキング・レコメンドを行うには別途管理画面での設定が必要です。

《ワンタグ実装時の注意点》

  • ワンタグが実装されていないページへユーザーがアクセスした場合、Rtoaster action+側ではその情報を取得することができません。
  • レコメンド・効果測定を行うためには、レコメンドをクリックした後のリンク先(遷移先)のページにも、ワンタグが実装されている(トラッキングが行われている)必要があります。
  • はじめてワンタグを導入する場合は、タグ実装前に一度ワンタグの「公開」を行ってください。
    「公開」前に実装を行った場合、Webページ上でエラーとなりますのでご注意ください。
    (ワンタグ設定を行っていない状態で「公開」のみ行っても問題ありません)
  • ワンタグの実装箇所は各ページ1箇所のみです。

レコメンド場所の設定

Rtoaster action+でレコメンドを実施するWebサイトコンテンツの場所(レコメンド場所)を指定するために必要なid属性(エレメントID)を、ワンタグを使ってサイトに挿入することができます。

OnetagElementID01.png

管理画面のレコメンド場所編集で挿入するHTMLを記述します。

《注意事項》

  • エレメントIDを挿入するタグにreadonly属性が設定されているとレコメンド表示が行えません。
    ※以下のタグではレコメンド表示が行えません 。 ご注意ください。
    • COL
    • COLGROUP
    • FRAMESET
    • HEAD
    • HTML
    • STYLE
    • TABLE
    • TBODY
    • TFOOT
    • THEAD
    • TITLE
    • TR 
  • エレメントIDは以下の条件を満たしている必要があります。
    • Webページ内で重複しないこと
    • 最初の文字は半角英字(a~z,A~Z)であること
    • 2文字目以降は半角英字(a~z,A~Z)、半角数字(0~9)、ハイフン(-)、 アンダースコア(_)、コロン(:)、ピリオド(.)を使用すること

 

■ 1つのレコメンド場所に複数枠分レコメンドを表示する場合

ルールベースレコメンド・自動レコメンドで複数枠でレコメンド場所を指定する場合にはサブエレメントIDを利用します。

OnetagElementID02.png

  • 上のイメージ図のうちid属性として、element_id_1、element_id_2、element_id_3で指定している箇所が「サブエレメントID」です。
  • エレメントIDに紐付いた、複数表示枠でのレコメンドを行う際に必要なid属性です。
  • 1つのレコメンド場所に複数商品を表示したい場合に必要となります。
HTMLタグの記述例
サブエレメントIDは、親となるエレメントIDに「_n」(nには1から始まる連続した数字)を付与して記述します。