BigQueryテーブルの仕様

BigQueryテーブルの仕様について掲載しています。

利用状況の集計について

  • 利用状況のテーブルレコード数には加算されません。
  • クエリセグメントでBigQueryテーブルを利用した場合は利用リソース数の集計対象となります。

BigQueryテーブルの制約

  • 接続できるデータセット数の上限は20、1つのデータセットで表示できるテーブル数の上限は100になります。
    テーブル数に上限があるため、日付別テーブルの利用は非推奨になります。
  • 接続できるデータセットのロケーションは東京リージョン(asia-northeast1)のみです。
    それ以外のロケーションは未対応になります。
  • 対応しているテーブルの種類は標準テーブルのみで、外部テーブルやビューは未対応になります。
    外部テーブルやビューはクエリ実行することは可能ですが、テーブル一覧には表示されません。
  • Rtoaster reach+へのアクション連携は対応していません。
    アクション連携設定をした場合にはRtoaster reach+側のセグメント配信でエラーになります。