施策は4ステップで開始しましょう

image1_v5.14.png

<STEP1>

<STEP2>

<STEP3>

<STEP4>

  • 効果測定では、施策の成果を明らかにし、PDCAサイクルを効果的に回すことが可能になります。
  • ターゲットごとに最適な施策を打つことが可能になります。
    STEP4:施策の効果を確認しましょう

STEP1:まずはRtoasterタグをWebページに挿入しましょう

Rtoasterタグを実装することによってサイト利用者の行動データ(訪問状況、流入経路、行動パターンなど)が取得できるようになり、ページごとの訪問者数やどのページにアクセスしたかなど、分析に役立つさまざまな情報を得ることが可能になります。

まずは、Rtoaster action+導入手順をご参照いただき、タグの実装を行ってください。

Rtoaster action+導入手順

 

STEP2:施策対象となるユーザー群の仮説立てを行いましょう

どんなユーザーがWebサイトに訪問しているのか、どんな行動をしているのか、自社内で保有している知見の実践的な投入です。
Webサイトに訪問したユーザーは、どのようなユーザーなのか、どのような施策を実施すべきなのか仮説を立てて、有効な施策を検討します。施策の仮説/検討例は以下のようなイメージです。

(いつ/どこで)どのようなページで
 例)TOPページ、商品詳細ページ等
 ※対象となるユーザーの訪問が多いページでの実施が効果的です

(誰に)どのようなユーザーに対して
 例)会員/非会員、初訪/再来訪、特定カテゴリのページに頻繁に訪問する等
 ※異なる性質を持つユーザーに分けて施策を考えます

(何を)どんなメッセージを
 例)非会員には「会員になる事でどのような特典が享受できるか」等
 ※対象となるユーザーが必要とする情報が何かを仮説立て、コンテンツの検討を行います

STEP2_v5.14.png

 

STEP3:キャンペーン機能で施策を戦略的に実施、管理しましょう

キャンペーン機能を活用することで、目的ごとの施策管理や効果測定を行うことが可能になります。
レコメンド施策に必要な設定はすべてキャンペーンから行うことができます。
キャンペーンは「①コンバージョン」「②実施場所」「③対象ユーザー」「④訴求内容・クリエイティブ」の順番で設定します。

STEP3.png

Webキャンペーン設定

STEP4:施策の効果を確認しましょう

効果測定を活用することで、キャンペーンやレコメンドルール、コンテンツごとの成果を確認することができます。

campaign01.png

効果測定レポートの確認