Rtoaster action+で利用するHTMLコード

Rtoaster action+の各種機能をご利用いただく際のコードと記述例を掲載しています。

  • Rtoaster.js/Rtoaster.Popup.js パラメータ、メソッド一覧
    Rtoaster.js 4.6.2 Rtoaster.Popup.js 3.5.1 一覧に掲載するパラメータ、メソッドの仕様は、現状最新バージョン Rtoaster.js 4.6.2 および R...
  • ユーザーIDの書き換え
    ユーザー属性設定、ユーザー軸外部リストレコメンドを利用する場合は、本実装を行ってください。※ワンタグを利用した場合のユーザーIDの書き換えはこちらをご参照ください。 《ユーザーID書き換え時の...
  • 閲覧学習コード
    閲覧学習コード とは アイテムコード取得正規表現でURLからアイテムコードを取得できないサイトなどで、商品の閲覧情報を基に自動レコメンド表示するには、以下いずれかの方法に合わせた閲覧学習コードの...
  • 購買学習コード
    購買学習コード とは 購買情報を基に自動レコメンド表示するには、購買学習コードの実装が必要です。 購買学習コードは、コンバージョンページ設定にて設定したページに実装してください。 実装方法の詳...
  • カスタム変数
    カスタム変数 とは Rtoaster action+のJavaScriptタグにJSONのパラメータを指定することで、カスタム変数としてそれらパラメータの値をスコアリングできるようになります。カ...
  • カテゴリ取得コード
    カテゴリ取得コード とは URLからカテゴリを取得できないサイトで、カテゴリフィルタを利用するには、カテゴリ取得コード:Rtoaster.category()の実装が必要です。 カテゴリ取得コ...
  • 価格フィルタ
    価格フィルタ とは 自動レコメンド基本設定のアイテム設定で設定した価格でフィルタを行うためには、Rtoaster.price()の実装が必要です。 Rtoaster.price()はRtoas...
  • 自動レコメンドのターゲットアイテムを指定する
    複数のターゲットアイテムを指定して、アイテム軸自動レコメンドを行う場合には、Rtoaster.item()の実装が必要です。 《ご利用ケースの例》 カートページなどで、カートに投入(選択)した...
  • カートにアイテムを追加/削除する
    「残留カート内履歴」「残留カート内履歴に基づく自動レコメンド」を利用する場合には、残留カート内履歴関連設定と、カート内のアイテム情報を取得するためのサイト実装が必要です。 カートページURL正規...
  • Rtoaster action+でオプトイン/オプトアウトを行う
    ▼ 目次 利用方法 オプトイン/オプトアウトの状態を取得する オプトアウト オプトイン Rtoaster action+の初期実行許可状態を設定する 目次に戻る▲ 利用方法 オプトイン/...
  • 疑似URLパスを利用してユーザーの閲覧ページを指定する
    CGI等を利用することでページ遷移時にURLが変化しない場合、ルールベースレコメンドの対象ページ条件やコンバージョンページ設定でページ条件を設定できないケースがあります。 Rtoaster基本コ...
  • ユーザーの閲覧履歴を削除する
    「閲覧履歴」「閲覧履歴に基づくリアルタイムレコメンド」に使用される閲覧履歴のデータを削除するには、Rtoaster.History.remove()の実装が必要です。 実装例 引数にアイテムコ...
  • 基本コード読み込み後にJavascriptを実行する
    Rtoaster基本コード読み込み後に任意のJavascriptを実行する場合に使用します。 実装例 <script type="text/javascript"> Rtoaster.tr...
  • レコメンド表示後にJavascriptを実行する
    レコメンド表示後に任意のJavascriptを実行する場合には、Rtoaster.callbackを使用します。 実装例 <script type="text/javascript"> R...
  • レコメンド表示後に複数回Javascriptを実行する
    レコメンド表示後に任意のJavascriptを複数回実行する場合には、Rtoaster.listen()を使用します。 実装例 <script type="text/javascript"> ...
  • レコメンド表示のタイムアウトを設定する
    レコメンド表示を行う際のタイムアウトの時間を意図的に設定する場合には、Rtoaster.timeoutを使用します。 実装例 <script type="text/javascript"> ...
  • レコメンドするアイテムが存在しない場合にレコメンド場所を非表示にする
    ルールに一致しなかった場合や、初回訪問時で自動レコメンドするアイテムがない場合など、 レコメンドするアイテムが存在しない場合に、レコメンド場所を非表示にすることができます。 実装方法の詳細は以...
  • レコメンドするアイテムが存在しない場合に通常のHTMLコンテンツを表示する
    ルールに一致しなかった場合や、初回訪問時で自動レコメンドするアイテムがない場合など、 レコメンドするアイテムが存在しない場合、レコメンド場所に通常のHTMLコンテンツを表示させることができます。...
  • レコメンド表示前に通常のHTMLコンテンツを表示させない
    レコメンド対象ページへ遷移してから、レコメンドが表示されるまでに時間がかかる場合に、デフォルトコンテンツを設定していると、瞬間的にデフォルトコンテンツが表示されてしまう可能性があります。 レコメ...
  • ポップアップの閉じるボタンを編集する
    Rtoaster action+を利用したポップアップではデフォルトでポップアップコンテンツの右上に閉じるボタン(×ボタン)が表示されます。 この閉じるボタンを任意に編集することができます。 ...